ナイトブラは素材の種類をしっかりチェック!敏感肌でも安心な選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

敏感肌でも安心のナイトブラがほしい!

アトピーや敏感肌の人は化粧品選びなどで何かと苦労することが多いですが、下着選びも例外ではありません。とくにナイトブラは長時間使用するものなので、うっかり肌に合わないものを選んでしまうとトラブルの元になりかねません。

肌が荒れてしまったり、赤みや痒みがでてしまうのは辛いですし、悪化すると痕が残ってしまうこともあります。これではリラックスするために使うナイトブラの意味がありませんよね。

敏感肌でもストレスなくナイトブラを使うために、素材選びのコツ意外な注意点をしっかりと理解しておきましょう。

ナイトブラで選べる素材の種類

ナイトブラ選びでまず第一にチェックすべきポイントは素材の種類です。代表的なものをいくつか挙げてみます。

天然繊維

「綿(コットン)」は肌触りがよく、肌への刺激が少ないことが特徴です。また通気性や吸湿性がよいことから、あせもやかぶれなどが気になる敏感肌でも使いやすい素材です。夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるのもうれしいですね。

デメリットは洗濯したときに縮みやすく、お手入れに少々手間がかかること。しわになりやすいという性質もあります。

オーガニックコットン素材のナイトブラなら化学肥料などを使用していないものも多く、アレルギーがある人でも安心して使うことができます。

また、主な成分がたんぱく質でできている「シルク」を使用しているナイトブラは人の皮膚の成分にとても近いため、肌トラブルが起こりにくいことが特長。吸湿性は綿の1.5倍ともいわれるほどで、夏場なども使いやすいことがメリットです。

一方、シルクはやや高価でデリケート。ナイトブラによっては手洗いが必要なものもあるので、洗濯表示をしっかりと確認しておきましょう。

「テンセル」はソフトな風合いが特徴で、肌触りがとても良いです。天然繊維のなかでは強度にすぐれていて、速乾性があるためこちらも敏感肌の人には向いています。しかし洗濯で縮みやすく、摩擦に弱く毛羽立ちやすいというデメリットも存在します。色落ちしやすいという特徴もあるため、洗濯は手洗いがベターです。

化学繊維

「アクリル」「ナイロン」「ポリエステル」などの化学繊維は、天然繊維と比べると生地そのものに強度があります。汚れが落ちやすく乾きやすいため、お手入れのしやすさはピカイチです。

また、天然繊維よりも安価で手軽に使用することができる点もメリット。毎日長時間使用するナイトブラとしてはいいことづくめに見えますが、肌へ刺激を与えることもあるため敏感肌の人は要注意です。

石油や石炭をもとにつくられているため。アトピーやアレルギーの人はとくに気を付けてください。静電気が起きやすい性質をもっているので、冬場の使用にストレスを感じてしまうことも考えられます。

特殊繊維

天然繊維や化学繊維に比べるとあまり聞いたことがないかもしれませんが、「ペアクール」という特殊繊維を使用したナイトブラもあります。

コットンを使用したベンベルグという繊維と、特殊な機能をもつポリエステルを混ぜてつくられた、冷感効果がある素材です。

吸水性にすぐれているほか、放熱性があるため夏場の使用には向いています。着ているだけでひんやりとした感触を感じるのが特徴です。またコットンを使用しているため肌触りがよく、敏感肌でも使いやすい素材といえます。

しかし、ペアクールを使用したナイトブラ自体がまだ少ないことがデメリットといえるでしょう。

敏感肌の人におすすめの素材はコレ

敏感肌の人には吸水性・吸着性がある素材がおすすめです。

天然繊維・オーガニック素材

肌触りがよく吸水性にすぐれた天然繊維や、有機栽培で生産されたオーガニック素材は敏感肌の人にとても向いています。繊維そのものの先端が丸いので肌への刺激が少なく、アトピーの人でも使いやすい素材といえます。

しかし縮みやすく、化学繊維に比べるとデリケートなのが難点。少しでも長持ちさせるためには洗濯表示をしっかりと確認し、洗濯ネットを必ず使用するようにしましょう。時間に余裕のあるときだけでも良いので、時々手洗いしてあげるのもおすすめです。

ただし、シルクアレルギーなど合わない人もいるので注意が必要です。天然繊維だからと安易に信用しすぎず、肌の状態を見極めながら使用してください、

また吸湿性の良い天然繊維が肌の水分を奪ってしまうことも考えられるため、乾燥肌の人はとくに注意しながら使うようにしましょう。アレルギー性皮膚炎の人も、吸水性が高い素材は様子を見ながら使用してください。

日本アトピー協会推薦のもの

特定非営利活動法人・日本アトピー協会が推奨する商品には水色のマークがついています。アトピーやアレルギーをもっている人にとって有益と思われるさまざまな商品に対して発行されているものなので、これをひとつの目印として参考にするのも非常におすすめです。

綿素材のナイトブラランキングをチェック>>

素材だけじゃない!見落としがちなナイトブラ注意点

生地の素材以外にも気を付けておきたいポイントがいくつか存在します。

フィット感があるかどうか

寝ているときの動きは自分でコントロールできないため、あらゆる動きに対応できるナイトブラを選ぶ必要があります。そのためにはフィット感がとても重要なので、生地に伸縮性があるものがベストといえるでしょう。

品質がよく、人気があるナイトブラは基本的に伸縮性がすぐれているものが多いです。

エクスグラマー

貧乳に悩む女子におすすめの「エクスグラマー」は、フィット感が抜群!一度着けたら、もう手放せないという声があるほどです。生地そのものもコットン95%、ポリウレタン5%と敏感肌にもやさしい素材でできているため、敏感肌やアトピーの人におすすめのナイトブラです。

サイズが合っているかどうか

どのナイトブラを選ぶにしても、大前提としてサイズが合っていることが重要です。

サイズが大きすぎる場合はバストをしっかりとホールドできず、ナイトブラとしての効果が半減してしまいます。

逆に小さすぎる場合バストを押しつぶしてしまったり、締め付けによって快適な眠りが妨げられてしまったりするほか、あせもなどの肌トラブルを引き起こす原因にもなりかねません。

サイズは大きすぎも小さすぎもNG。通販ならサイズ交換が可能なものを選ぶのがおすすめですし、直接手に取って買えるものなら市販のナイトブラが無難でしょう。

S、Mなどのサイズ設定はものによって異なるので、販売サイトでしっかりと確認し適切なサイズを選ぶようにしてください。また、ネットの口コミを参考にするのもおすすめです。

タグの位置

意外な盲点がタグの位置です。ブラに限ったことではありませんが、タグのあたりがチクチクし始め、最終的にはかゆみがでてきてしまった経験がある敏感肌さんも多いのではないでしょうか。

肌に密接する部分にタグがあるとかゆみのもとになります。特有のムズムズ感はストレスに感じてしまいますよね。

累計販売枚数45万枚以上、ユーザー満足度95%と安定した人気をほこる「Viageビューティーアップナイトブラ」は、2018年2月のリニューアルでブラのタグを取りやめました。

Viageビューティアップナイトブラ

表記はすべて生地に縫い込まれているため、不快なチクチク感とは無縁です。

衛生面の管理

暑い季節はもちろん、冬でも寝ている間はコップ1杯ぶんの汗をかくといわれています。そのため通気性にすぐれ、速乾性があるものを選ぶことによって毎日快適かつ清潔に過ごすことが大切です。

「ジニエブラ」がパワーアップした「ジニエブラエアー」は通気性にすぐれ、着けていることを忘れてしまうほどの快適な着け心地が人気です。サイズやカラーバリエーションが豊富で、ショーツのセットもあります。

また、まとめ買いがお得なこともジニエブラエアーの魅力。毎日洗濯して使うナイトブラは、ある程度の枚数をストックしておくのがおすすめです。

快適な素材で寝ながらバストアップを!

肌が弱いとどうしてもナイトブラ選びをためらってしまいますよね。買って失敗したくないのは誰もが同じです。

しかし素材の種類や気を付けるべきポイントをおさえておけば着心地がいいナイトブラと出会うことができます。着心地が快適で、なおかつバストケアが効果的にできる運命の1枚は必ず存在するのです。

肌ストレスを感じることなく、長く使い続けることができるナイトブラを見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*