ブラトップはナイトブラの役目なし!バストケアできないワケとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラトップはナイトブラと何が違うの?

最近「育乳」できると話題のナイトブラ。でも、カップが付いている物といえばブラトップもありますよね。そのまま外出できる手軽さも魅力ですし、その着心地のよさと安さから幅広い年代に支持されています。

そんなブラトップは、ナイトブラの代わりにはなり得ないのでしょうか。また、ナイトブラとブラトップとの違いはどういう点にあるのかを調べてみました。これを読めばブラトップの違いが十分に理解でき、自分がどちらを選ぶべきかがわかるはずです。

ブラトップとナイトブラはまったく別モノ

最初に、ブラトップとナイトブラの特徴を見ていきましょう。

ブラトップは昼間活動するときに付ける

ブラトップのベースはインナーです。キャミソールやタンクトップにカップが付いていて、昼間に洋服の下に着たり運動したりするときに1枚で着ることも可能です。つまり、身体を起こしているときに着用することを想定して作られています。

「ブラジャーを着けたほうが良いことはわかっているけど、ブラトップの楽さには勝てない」と言う声も多く聞くほど、締め付け感がなく着心地が良いのもブラトップの魅力ですよね。

また「寝るときにノーブラは嫌だけどブラジャーも着けたくない」という人にニーズにもぴったりと当てはまり、オールマイティーに使えます。しかし、寝転んだときについては考慮されていないので、寝返りを打つたびにバストが揺れることは避けられません。

ナイトブラは寝るときに付ける

一方のナイトブラは、その名のとおり就寝中に着用することを想定して作られています。横になってもバストが流れないよう包みこむ構造になっていて、ブラトップと比べるとバストが動かずホールド力があります。

中央に寄せて持ち上げる効果とホールド力により、毎日着ることで育乳効果も期待できます。「だとすると苦しいのでは?」と思われるかもしれませんが、身体に合うものであれば着ていて苦しくなることはありません。

ナイトブラを着ることで体温が上がり眠りにつきやすくなったり、バストが揺れないことで快適な眠りをサポートしてくれる効果があります。姿勢を矯正する効果のあるナイトブラもあり、なかには肩こりが軽減する人もいるんですよ。

ブラトップがナイトブラの代用にならない理由

主に昼間に着用するブラトップと就寝時に着用するナイトブラ。バストをカバーするという意味では同じなのに、ブラトップがナイトブラの代わりにならないその理由を探ります。

クーパー靭帯を痛める

まず大前提として、バストは「クーパー靭帯」という靭帯によって支えられています。このクーパー靭帯がしっかり機能していると上向きバストを保てるので、非常に重要な部分です。

しかし、クーパー靱帯は揺れることで切れたり伸びたりしてしまう上に一度ダメージを受けると自然に元には戻りません。

ダメージを受けないためには、バストが揺れないようにしっかりホールドしておくことが大切。もしブラトップで寝ていたら寝返りを打つたびにバストが揺れますよね。

ブラトップにはバストをホールドするパワーがないので、四六時中ブラトップでいたのではクーパー靭帯は傷つき放題です。

バストの形が崩れる

極端な話をすると、ブラトップはバストにカップをかぶせているだけです。そのためいくらバストを寄せても谷間はできません。

生活しているうえで骨格の歪みや肩の凝りは避けて通れませんが、これらはバストの脂肪として存在していたお肉を脇や背中に流してしまいます。

そのためバストは横に伸びたように小さくなり、バージスラインが曖昧になって形が崩れてしまうというわけです。

もちろんバストケア効果もない

バストの形が崩れることと少し重複しますが、ブラトップに育乳などバストをケアする効果はありません。バストアップのためには、脇や背中に流れた脂肪を本来あるべきところ=バストに常に寄せ続けることが大切なのです。

ナイトブラならこれらのお肉をバストに持ってくることが可能ですが、リラックス感を重視しているナイトブラにその機能はありません。

ところで、ブラトップの代わりに着心地を重視したノンワイヤーのブラジャーもありますよね。こちらはどうなのかと言うと、ブラトップと同じくナイトブラの代わりにはなりません。

「支えてくれる」という説明がされているものもありますが、支えてくれるのは立っているときだけで寝たときまで支えてくれるわけでは無いのです。

もちろんナイトブラにもいいところがたくさんあります。しかしながら「ナイトブラの代わりになるか」という疑問に対してはNOと言わざるを得ません。

ブラトップをナイトブラの代わりにするとこうなる!

どのようなことが起こると考えられるのか、見てみましょう。

垂れ乳になる

突然ですが、ブラジャーの正しい着用位置を知っていますか?正しい着用位置とはバストをしっかりと支えてくれる場所を指し、両方の鎖骨の真ん中と両方のバストトップの3点を結んだラインが正三角形になる位置のことをいいます。

このことを念頭に置いて、ブラトップを着たときのカップの位置を見てみましょう。もしいまブラトップを着けているなら、実際に鏡で確認してみてください。大抵の場合は二等辺三角形になっていると思います。

つまり、ただブラトップを着ているだけではバストはまったく支えられておらず、下に下がってしまいます。

このように支えを失ったバストが重力に負けてどんどんと垂れていくのは、想像に難くないですよね。

離れ乳になる

もちろんバストは下に下がるだけではなく、肩甲骨のコリなどで後ろに引っ張られて脇や背中に流れてしまいます。たとえ流れてしまったとしてもホールド力のあるナイトブラでバストに寄せられると良いのですが、ブラトップでは寄せ続けられません。

そのため、流れてしまった脂肪はブラトップを着け続けることでそのままそこに居座ることになり、離れ乳になってしまうのです。

バストが小さくなる

支えがなく揺れ放題のバストは下・横・後ろどんどんと流れていき、本来はバストの位置にあった脂肪がなくなってしまうことでバストが小さくなります。

「ノーブラだとバストが揺れるから小さくなる」と聞いたことがあるかもしれませんが、実はブラトップもある意味ではノーブラと同じようなものなのです。

ブラトップの魅力を兼ね備えたナイトブラを選ぼう

昼間もナイトブラを着け続けることはリスクがあることを理解していても、その付け心地は捨てがたいもの。着心地がよくお手頃価格のナイトブラを調査しました。

普通のブラとして日中も使えるもの

しっかりとバストメイクができる日中にも使えるナイトブラはいくつかあります。見た目・機能ともに通常のブラジャーと同じように使える物を探しているなら、「導ブラ」がおすすめです。

サイドに芯が入っていて集めた脂肪を逃さないし、独自の構造で集めた脂肪をぐっと上に引き上げてくれます。余分なデザインもなく背中は幅広タイプになっているので、上に着る服に響かないのも嬉しいポイントではないでしょうか。

導ブラの公式サイトを詳しくチェック>>

ストレスなく着用できる造り

ストレスなく着用できるナイトブラももちろんあります。締め付け感が嫌いな人は、ワイヤーが入っていないものや伸縮性のある生地で作られているものをおすすめしたいです。

妊娠中や授乳中でも着用できると書かれているものも1つの目安になりますから、ぜひ参考にしてください。

ナイトブラの機能そのものも着心地を左右しますが、とくにチェックしてほしいのがあなたの身体に合っているかどうかという点です。

洋服のサイズと同じものを選ぶのではなく、必ずトップバストとアンダーバストのサイズを測り販売サイトに書かれているサイズ表と照らし合わせて選びましょう。

苦しくないおすすめのナイトブラランキング>>

ナイトブラとブラトップは違うものと認識しよう!

ナイトブラとブラトップは着用シーンと目的が違うため、残念ながらブラトップはナイトブラの代わりにはなりません。反対にナイトブラはブラトップの代わりになり得ますし、機能面でも先を行っています。

たしかに見た目は似ていますが、両者は似て非なるもの。もしあなたがいまのバストサイズを維持したい、または育乳したいと思っているならぜひナイトブラを試してみてください。実際に着てみたからこそわかる、嬉しい効果が実感できるはずですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*