昼間だってナイトブラを使いたい!垂れ乳を回避して昼夜活用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイトブラは昼間は使えない?

バストを綺麗に整えるうえ、着け心地も楽ちんなナイトブラ。夜だけではなく、昼間にも使っている人も多いでしょう。でも、実は夜専用のナイトブラを昼間に着けるのは、デメリットがあるんです。

もしも、ナイトブラを昼間に使いたいのであれば「昼夜兼用で使えるナイトブラ」を選ぶことが肝心!知らずに夜専用のものを使い続けていると、バストの形が崩れる可能性もあるんですよ。

そこで今回は夜専用のナイトブラを昼間に併用できない理由や、24時間使えるナイトブラの特徴を押さえていきましょう。

ナイトブラを昼夜兼用で使うのはあり?

結論から言うと、夜専用のナイトブラを昼間に使うのはNG!大きな理由としては、使用する時の体勢が異なるからです。

夜専用のナイトブラは昼間の活動には不向き

そもそも、昼間に着けるブラの1番の特徴は下方向に向かうバストを引き上げてしっかりとホールドすること!クーパー靭帯にかかる負荷を減らして、形をきちんと保つ効果があります。

ナイトブラにも、就寝時に背中や脇へと流れる脂肪をバストに留めるという働きはあります。ただ、就寝時は寝返りなどで動くことはあっても、歩いたり飛んだりジャンプしたりといった昼間の動きは行いませんよね。

つまり、夜専用のナイトブラは昼間のブラのようにより強くバストを固定して守ることができないのです。

ナイトブラと昼用ブラでは構造がまったく違う

基本的に昼間に着けるブラは、立ち姿勢を想定して作られています。ワイヤーが入っているブラが多いのも、バストをしっかり固定して形を綺麗に保つため。

対してナイトブラは、就寝時の姿勢を想定して作られたブラ。着用時の快適さ、横になった時に脇や背中に流れやすい脂肪をバストにホールドしてくれる構造になっています。

このように、夜専用のナイトブラと昼用のブラは構造がまったく違います作られた目的が違うため、昼間にナイトブラを使うことはナンセンスと言えるでしょう。

夜専用のナイトブラを昼間着けるデメリット

夜専用のナイトブラを昼間つけた時のデメリットをチェックしていきましょう。

重力に負けてバストが垂れてしまう

日中と睡眠中のどちらが活動量が多いか、それは日中に決まっています。ナイトブラは立ち姿勢を目的として作られていないため、重力に負けてバストが下方向へと向かうのを十分にサポートできません

とくに日常的に運動を行う人やバストが大きい人は要注意!バストにかかる負荷が大きいため、それだけバストが垂れるリスクが高いのです。だからこそ、日中には昼用のブラを着けることが大切なんですよ。

クーパー靭帯を傷めてしまう

ピンと張ったバストを保ってくれるのは、バストのクーパー靭帯というコラーゲン組織です。このクーパー靭帯はバストの揺れや重みで引っ張られることによって、伸びたり切れたりしてしまいます。厄介なことに、一度傷んでしまったクーパー靭帯は修復不可能!

昼間に夜専用のナイトブラを使うと、日中の動きに耐えきれずにクーパー靭帯が傷んでしまいます。これが垂れ乳や離れ乳の大きな原因!昼・夜、シーンに合ったブラを使うことこそが、クーパー靭帯を守るコツですよ。

バストのお肉が流れてしまう

先に挙げた1つ目のデメリットにも関係することですが、夜専用のナイトブラは昼用のブラに比べてホールド力が弱くバストを十分に支えきれないため、バストの脂肪が脇や背中、お腹へと流れてしまうリスクがあります。

バストだったはずのお肉がほかの部位に移動するということは、結果的にバストのサイズダウンだけではなく、付いて欲しくない部分に脂肪が流れて定着してしまうということ。体型の崩れにも繋がってしまいます。

24時間OKのナイトブラなら昼間でも使える♪

ここまで読んで「ナイトブラは昼間は使えない」とがっかりしている人に朗報です!

実は、ナイトブラのなかには、昼夜併用できる24時間OKタイプもあるんです!立ち姿勢でいる時には下方向に流れるバストを、寝ている姿勢でいる時には横流れするバストをケアしてくれる設計になっています。

昼夜兼用のナイトブラは、夜専用のナイトブラでは補いきれないホールド力があるうえ、睡眠を邪魔しない着心地になっている、まさにパーフェクトブラ!

さらに、24時間着用可能なナイトブラのなかには、育乳ケアができる製品もあります。夜だけ、昼間だけ、ではなく、むしろ1日中着けることを推奨しているメーカーもあるんですよ。使わない手はないですよね!

昼用に使えるナイトブラの条件

昼夜兼用のナイトブラはメーカー側が24時間使用OKとうたっている場合もありますが、必ず押さえておきたい条件をチェックして選ぶとより安心ですよ。

立った状態でも胸をキープできる補正力

まず第一条件として、立った状態でもバストをしっかりキープしてくれる設計になっているナイトブラを選びましょう!

夜専用のナイトブラは寝ている姿勢で横流れする脂肪に対しては対処してくれますが、立ち姿勢で下方向へ向かう脂肪に対してのホールド力が弱いのがデメリット。でも、昼間にも使えるナイトブラの場合には、背中や脇はもちろん、バスト下に流れるバストを寄せ上げて綺麗な形を保ってくれる効果があります。

たとえば、育乳ナイトブラの「エクスグラマー」などもおすすめです。肩甲骨を伸ばして姿勢ケアを行ってくれる他、着けるだけで体温が上昇するので冷え対策もできますよ。

エクスグラマーの公式サイトへ>>

日中の活動に耐えられるサポート力

バストを支えるクーパー靭帯は揺れや衝撃で傷んでしまうため、徹底的にバストを守ってくれる加工がされているナイトブラを選ぶこともポイント!

夜・日中・スポーツ時の1枚3役で活躍する「モテフィット」は、ホールド感ばっちりのナイトブラです。谷間メイクもしてくれるので、胸元が開いた洋服でも綺麗に着ることができますよ。パッドも取り外しができるので、盛り具合までも調整できます。

モテフィットの公式サイトへ>>

バストラインに悪影響しないデザイン

日中使うのであれば、デザインにもこだわりましょう。ボディラインを綺麗に見せてくれるシンプルなデザインのナイトブラであれば、バストラインに悪影響がありませんよ。

Viageビューティアップナイトブラ」など、ナイトブラのメーカーによってはカラーが何種類か展開されているため、ファッションに合わせてブラを選ぶことができるのも嬉しいですね。気になる背中の脂肪もナイトブラに押し込めてくれるので、後ろから見たシルエットも綺麗に見えますよ。

Viageの公式サイトへ>>

昼間に使いたいなら24時間使えるナイトブラを選ぼう

あなたが現在使っているナイトブラは、昼夜併用できるタイプのものでしたか?

夜専用のナイトブラは確かに楽ちん!そして美バスト維持にも効果的!でも、昼間に使うにはホールド力が弱いというデメリットがあるため、日中も使いたいのであれば24時間使える昼夜兼用のナイトブラを使用することが大切ですよ。

ぜひ、昼も夜も優秀ナイトブラであなたのバストを守ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*