ナイトブラはノンワイヤーブラで代用できる?正しい夜ブラの選び方をレクチャー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昼用のノンワイヤーブラをナイトブラの代わりに使っているという人って意外と多いんです。たしかに、ノンワイヤーブラはワイヤーも入っていないし着心地が良くて楽ちん!だからナイトブラと同じ効果があると思ってしまうのもわかります。でも、実はナイトブラとノンワイヤーブラはまったくの別物なんですよ。就寝時にノンワイヤーブラを使い続けていると、垂れ乳などバストの形が崩れることにもなりかねません。ナイトブラとノンワイヤーブラの違いを押さえて、正しい夜ブラの選び方をマスターしていきましょう!

ナイトブラはノンワイヤーなら何でもOK?

着心地が良く、長時間着け続けても負担にならないと根強い人気のノンワイヤーブラ。このノンワイヤーブラをナイトブラの代わりに使っている人も多いようですが、実はノンワイヤーブラとナイトブラはまったく違った働きを持つブラなんです。

ブラを使い分ける手間が面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、それぞれの働きを知ればシーンによって適したブラを着ける必要性がきっとわかるはず!

そこで今回は、ナイトブラとノンワイヤーブラの違いや、ナイトブラの選び方を見ていきましょう。

ナイトブラとノンワイヤーブラの違い

一見、似ているナイトブラとノンワイヤーブラ。でも、その働きはまったく違います。なぜ兼用できないのか、どんな違いがあるのかを見ていきましょう。

ノンワイヤーブラ

ノンワイヤーブラとは、その名のとおりワイヤーが入っていないブラ。ワイヤー入りのブラに比べると締め付け感が少なく、アンダーも痛くなりにくいため楽に使用できるのがメリット。

近年では、ワイヤー入りのブラのようにバストをしっかり支えてくれるノンワイヤーブラも販売されているため、よりそのニーズが高まっています。

ホックや肩のストラップがあるタイプのものもありますが、ノンワイヤーブラは基本的に起きている時の姿勢に対してバストを支えてくれる構造になっているため、スポーツを行う時や日中長時間ブラを着用する機会が多い場合に役立ちます。

ナイトブラ

ナイトブラはおもに就寝中の体勢を考慮されて作られたブラです。睡眠中のバストは無防備な状態ですので、寝返りなどで上下左右へと脂肪が流れてバストを支えるクーパー靭帯を傷つけるリスクがあります。

ナイトブラはこのような就寝中の衝撃からバストを守るだけではなく、伸縮性の高い生地で流れる脂肪をホールドしてバストに留めてくれる効果があります。揺れやすいバストを固定してくれるため、安眠のサポートもしてくれます。

ノンワイヤーですがホックなどはないため、背中に違和感を感じることなく仰向け寝の姿勢もOKですよ。

ナイトブラを選ぶ2つのポイント

選ぶ時のポイントは2つ!目的or効果に注目しましょう。なかにはこの2つを兼ね備えているオールマイティーなナイトブラもありますよ。

【夜用or昼夜兼用】目的で選ぶ

本来、ナイトブラは就寝時に使うブラとして開発されたものです。夜用ブラは横になった状態でもバストをホールド・安定させて、安眠効果をもたらしてくれます。

しかし、近年の主流は昼夜兼用できるナイトブラ!起きている姿勢と寝ている姿勢の両方に対応する設計になっているため、わざわざ着替えなくても24時間バストケアを行うことができますよ。

昼夜兼用ブラのメリットは、ホールド力が高いのにノンワイヤーで着心地が楽だということ。長時間デスクワークを行っている人や育児中で忙しいママにもおすすめです。

【育乳&横流れ防止】効果で選ぶ

ナイトブラには、就寝中に背中や脇に流れる脂肪をホールドする横流れ防止効果があります。バストを支えるクーパー靭帯をしっかりと守るため、垂れ乳や離れ乳などバストの形崩れを予防してくれます。

また、ナイトブラによっては育乳効果が備わっているものもあります。脂肪には流動性があるため、背中や脇にすでに流れてしまった脂肪をバストの脂肪へと変換してくれる設計となっています。

貧乳さんやバストの形が気になる人、卒乳後のバストケアにはこちらのタイプがおすすめですよ。

昼用ノンワイヤーブラを着けて寝るとどうなる?

わざわざ寝る時にナイトブラを着けるのがめんどう!と、昼用のノンワイヤーブラを着け続けると思わぬデメリットがあるんです。

就寝中には締め付けが強すぎ

ノンワイヤーブラがどんなに楽に着られるといっても、それは昼用のふつうのワイヤーブラと比べた時の話です。

ノンワイヤーブラは起きている姿勢を考慮して重力に負けないようにバストを保ってくれる設計になっているため、強いホールド力があります。そのため、寝ている時の姿勢で使うと血流やリンパの流れを妨げて冷えを引き起こしたり、新陳代謝をダウンさせてしまうことでバストアップの弊害になる可能性も。また、摩擦を起こして黒ずみなど肌トラブルの原因にもなるため、注意が必要ですよ。

バストの横流れを防げない

昼用のノンワイヤーブラは、身体を起こしている時にバストを上向きに整えてくれるような設計になっています。しかし、上下左右へと動いてしまうバストには対応ができません。

つまり、就寝時に脇や背中へと流れる脂肪を留めておくことができないということ。昼用のノンワイヤーブラを就寝中に着け続けるとバストの下垂など形が崩れる原因となるため、バストケアを行いたいのであればやはり就寝中に適したナイトブラがおすすめです。

夜用のブラなら安くても効果ある?

ナイトブラにそこまで費用をかけたくない……と思う人もいるでしょう。価格は製品によってまちまちですが、安いナイトブラでも効果はあるのでしょうか?

バストトップを保護するならOK

バストトップの黒ずみは加齢や出産などの影響のほか、ノーブラで過ごしていたり、サイズが合わないブラを着けていたりすることでバストトップと衣類が擦れることでも発生します。

そのため、価格に関わらずナイトブラを着けることで就寝中のバストの摩擦を軽減することができるでしょう。ただし、身体にフィットするナイトブラだということが前提ですよ。

ホールド力には期待できない

一概には言えませんが、比較的安価なナイトブラはホールド力にあまり期待ができません。高品質のものだと就寝時のバストを支えるための設計が施されているため、上下左右に流れる脂肪を徹底的にバストに留めてくれますが、やはり安いものだと生地や設計に対しては満足できないことも。

ナイトブラによっては背中や脇に流れた脂肪をバストへと変換して育乳ができるタイプもあるため、着けるだけでバストアップを行えるものもあります。機能が備わったナイトブラは、将来の美バスト維持にもきっと役立ちますよ。長い目で見て選ぶことをおすすめします!

安いナイトブラランキングを詳しくチェック>>

ナイトブラは効果や目的でしっかり選ぼう♪

夜用のナイトブラと昼用のノンワイヤーブラ、形は似ていても構造や働きがまったく違うんですね。昼用のノンワイヤーブラはたしかに楽ちん!だけど、夜用のナイトブラのようなサポート力は期待できません。

それどころか、着け続けることでバストの形崩れ血行不良にも繋がる可能性もあるので、注意が必要ですよ。

ナイトブラの種類は目的や効果によってさまざま!自分にぴったりのナイトブラを見つけて、美バストを保ってくださいね。

ナイトブラ総合ランキングも見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*