ナイトブラと補正ブラの違いは?間違えると逆効果!併用でWで得する使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイトブラと補正ブラって何が違うの?

ナイトブラと補正ブラは一見違いがわからないという人も多いはず。見た目も似ていますし、バストのケアをするアイテムという点は共通しています。

しかしこの2つはそもそも設計がまったく異なるため、使い方を間違えてしまうと逆効果に!バストにとって思わぬ悪影響を及ぼす可能性も否定できません。

ナイトブラと補正ブラをうまく使い分けることによって、効果的なバストケアが可能になります。そのためにも、まずは両者の違いを徹底的に分析してみましょう。

目的は同じでも設計が違う

どちらもバストの形を整えたり、育乳をサポートしたりする効果があるものですが、決定的に違うポイントが存在します。

ナイトブラは夜のバストの動きに合わせた設計

寝ているときのバストの動きは予測不能。ただ仰向けに寝ているだけでもバストは外側に広がってしまいますし、寝返りをうったときにも左右に動いてしまいます。この動きをある程度予測し、バストそのものをホールドして揺れを最小限にとどめるのがナイトブラの主な役割です。

寝ているときに使用することを前提に設計されているのでワイヤーは入っていませんし、息苦しさを感じるような締め付けもほとんどありません。

あらゆる動きに対応できるように、素材は伸縮性のあるものを使用していることが多いです。また、寝ているあいだにバストを包み込んであたため、血流をよくするというはたらきもあります。

補正ブラは昼のバストの動きに合わせた設計

昼間活動するときの動きを想定し、洋服を着たときにバストが綺麗に見えるように設計されているのが補正ブラです。姿勢改善効果もあり、ハミ肉などをしっかりとカップにおさめてくれるのがポイントです。

太めのワイヤーが入っているものもあり、単に盛り効果があるブラよりもバストを綺麗に見せることに特化しています。生地じたいもしっかりしているものが多いです。

ナイトブラが寝ている体勢を想定して設計されているのに対し、身体が起きている状態に合わせてつくられたのが補正ブラということになります。

補正ブラを睡眠時に付けるデメリット

寝ているときに補正ブラを使用するとどのようなデメリットが考えられるのでしょうか。

リンパや血行が悪くなる

日中にバストを支えているため、生地やワイヤーなどがしっかりしたつくりでできています。そのため睡眠中など長時間にわたって使用すると、リンパや血行が悪くなるおそれがあります。

血行が悪くなると冷えにも繋がりますし、なによりバストに栄養が行き届かなくなってしまうというデメリットも。とくに育乳を目指している人にとって、女性ホルモンがバストに行きわたらなくなることは避けたいですよね。

日中のみなど短時間の使用ならまだしも、長時間リンパや血流を阻害し続けてしまうのはバストにとってよくありません。

脂肪が脇や背中に流れる

昼間につけるために設計されたブラなので、眠っている間のバストの動きは想定されていません。無意識のうちに上下左右に動くバストに対応できないため、バストの形が悪くなってしまう可能性があります。

バストのお肉が脇や背中に流れてしまうと、全体的にメリハリがなくだらしない印象に。背中に自信が持てなくなってしまう可能性もあります。

また、バストトップが下がることで全身のスタイルが悪く見えてしまうことも考えられるのです。どの角度から見ても綺麗なバストでいるためには、寝ているあいだにバストのお肉を正しい位置にホールドしてあげることが大切です。

冷えや肩こりになる

補正ブラ長時間使用すると、首や肩の周りが緊張した状態が続くことになります。すると徐々にバスト周辺の血行が悪くなっていき、冷えや肩こりを引き起こす可能性があるのです。

肩こりが悪化すると、頭痛やめまいといった不快な症状に悩まされることも多くなるのでとても危険です。

慢性化してしまうと肩が内側に入る「巻き肩」になりやすく、姿勢が悪くなる原因にもなりかねません。

バストの美しさと姿勢は切っても切れない関係性。せっかくバストケアを頑張っても、姿勢が悪いばかりにスタイルが悪く見えてしまうのはもったいないですよね。

また、冷えは女性にとって天敵。もともと冷え体質の人はとくに、慎重に補正ブラを使用する必要があります。

夜用に補正ができるナイトブラを選ぼう

寝ているときにバストの補正をするならナイトブラが断然おすすめです。

寝返りでも頼りになる脇高設計

通常のブラよりも脇の部分が高く設計されているため、寝返りをうってもバストのお肉が横流れしづらくなります。

着用時に背中や脇から集めたお肉は、朝までカップ部分にとどめておきたいもの。脇高設計のナイトブラなら、睡眠中のどんな動きにも対応できるようにつくられているのです。

なかには脇の部分にサイドバーが設置されているなど、日中に使用しても差し支えないほど補正力にすぐれたナイトブラも存在します。ナイトブラを選ぶうえでは、脇の高さが非常に大切です。

アンダーベルトがしっかりしている

ナイトブラはバストを支えるアンダーベルトが太めでしっかりしているうえに、キツさを感じない適切な締め付け力に設定されています。

補正力が高いナイトブラなら気になる垂れ乳や離れ乳の防止に役立ち、使い続けるほどに理想的なバストの形に近づけることが可能です。

アンダーベルトがしっかりしているものほど、背中や脇肉をすっきりさせる効果が高くなります。胸周辺のお肉をすっきりさせ、綺麗に見せることでバストそのものが大きく見える効果も期待できます。

脇肉対策におすすめのナイトブラランキング>>

補正ブラとナイトブラで24時間体制でバストサポート!

補正ブラとナイトブラをうまく使い分けることで、効率的なバストケアが可能です。

昼は強めの補正でバストを美しく整える

昼間、外出するときなどは補正ブラならではの強いホールド力を利用し、バスト全体を整えてあげるのがおすすめです。服を着たときのラインに差が出ますし、姿勢が正しくなってバストが自然な上向きになるとスタイルアップ効果も期待できます。

背中や脇のお肉にも即効性を発揮してくれるので、身体のラインが出る服を着るときなどはとくに重宝するでしょう。一般的なブラと見分けがつかないようなお洒落で可愛い補正ブラもありますし、着けているだけで女子力がアップするかもしれませんね。

夜はリラックスしながらバストを守る

一日頑張ってお風呂に入ったあとは、ナイトブラに切り替えてリラックスしつつバストのケアをしまししょう。

適度な締め付けで補正しつつ、バスト全体を温めてめぐりをよくするので着用中は快適に過ごすことができます。もともと補正ブラより締め付けは少ないナイトブラですが、しっかりとサイズをチェックし、苦しさを感じないものを選ぶようにしましょう。

昼間に補正ブラによって整えたバスト周辺のお肉を、夜間寝ているあいだに定着させてあげることが大切。身体に負担をかけにくいナイトブラを使うことによって、24時間バストケアが可能です。

ナイトブラと補正ブラで理想のスタイルを目指そう!

ナイトブラと補正ブラは設計や用途が異なるものですが、うまく使い分けることで効果的にバストをケアすることが可能です。

育乳中の人はもちろん、理想的なバストに近づけるためにはバストケアに24時間手を抜かないことが大切。身体に負担をかけずに効率よくバストケアする方法として、補正ブラとナイトブラのW使いがベストなのです。

それぞれの特長やメリットを生かしてバストにまつわる悩みを解決し、理想のスタイルに近づきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*